スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

グラウンド訪問は、残り9チーム…

早いもので、もう10月!

時候のご挨拶は… 省いちゃえ! (笑)

秋季リーグも
一番進んでいるチームは
第8節、第9節を終えると
残りはわずかに2試合!

あぁ、うそみたい…



当たり前だし、毎年のことなんだけど
秋季は、6年生にとっては最後のリーグ戦。

どのチームにも
一つでも多くの勝ち星を目指して
一つでも上の順位を目指して
最後までがんばって欲しいと思うけれど

秋季は
特に6年生たちに
がんばって欲しいですね。



言葉は悪いけれど

「取りこぼし」

そんな試合が、リーグ戦では
最終的な順位に
大きく響いてしまうものです。



どちらが勝ってもおかしくない試合って
多いんですよね。

ワンプレーの “たら” “れば”
それが勝敗を決する試合って
多いんですよね。

気持ちの問題だけではないのだろうけれど
ちょっとした集中力の欠如であったり
ほんのわずかの気持ちの隙であったり…

どちらを応援している訳ではなくても
「もったいないなぁ」
と、見ていて思ってしまいます。


反対に
一見 ワンサイドゲームに見える試合が
最後の最後にひっくり返ったりって試合も
全くない訳ではないんですよね。

先日、久しぶりに
原田BBの長老さんにお会いしたんだけど

リーグ戦で経験した
“奇跡” のような試合のことを
熱く熱~く語っておられました。

最後のワンアウトを取るまで、油断するな!
ゲームセットの瞬間まで、諦めるな!
よくそんな言葉を口にするけれど
たいていの場合、本音の部分では諦めているし
たいていの場合、試合もそのまま負ける。
でも、その “奇跡” が起きた試合は
諦めてなかったんだろうな~。
(選手が 笑)

って。

勝利の瞬間…
選手も、保護者も
もう、チーム全員で泣いたよ。

って。


ごく稀に…
どちらが勝ってもおかしくない試合よりも
とても少ないけれど

本当に、ごくごく稀に
“奇跡” と思えるような大逆転劇が
起こることがあるんですよね。

勝っていたチームの慢心なのか?
負けていたチームの粘りなのか?

結局、最後には
“気持ち” “精神論” になってしまうのだけど

諦めなければ
そんな展開に持って行けるかもしれない。
“奇跡” と呼びたくなることが起こるかも…
いや、起こすことが出来るかもしれない!

だから…
今さらだけど
最後のワンアウトを取るまで
ゲームセットの瞬間まで
油断してはいけない、諦めちゃだめなんだって。



リーグ戦は24試合もあるのに
毎試合毎試合、全部の試合で
完全燃焼なんか出来るか!

って思っているチーム
思っている選手は
結局、用意された席 (順位) しか
手に入らないのだと思う。


残りは少ないけれど…
まだ終わっていない!


一つでも多くの勝ち星を目指して
一つでも上の順位を目指して

特に6年生のみんなは

最後の最後…
最後の試合の “ゲームセット” の瞬間まで
油断せず、諦めず
全力で戦ってください!



秋季リーグ戦も、残りわずかだけれど…

“グラウンド訪問” で
みんなの、そんな姿を見ることを
楽しみにしています!

って、9チーム… 全部回れるんかいな? (笑)


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。