スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

年末年始は… その2

別府で迎えた元旦!


またまたベタな観光ですが
朝から、高崎山へ行ってきました

何年ぶりかなぁ? 高崎山って…
10年以上にはなるかな?

動物園でも “サル山” が1番大好きで
何時間見てても飽きない私 (← 意外な一面? 笑)

でも高崎山のおサルさんって
「ポケットに手を入れる」
「バッグに手を入れる」
「サルと目が合う」
なんてことをすると
途端に 「キー!」 っと襲ってくる
「コワい、危険なおサル」 ってイメージがあったんだけど

いや、昔は
ホントにコワかったんだって!

でもなんだか…
おサルさんたち、みんなお利口さんになってる?

サル3

ちょっと目が合ったくらいは大丈夫だし
カメラを探して
ポケットやバッグをごそごそしても大丈夫

係員さんの説明によると
観光客の餌やりを禁止して
長い時間と大変な努力を要して
やっとここまで落ち着いたってことでした

今は “プロポーズの季節” だそうで
サルの世界のプロポーズは
「オスザルが目当てのメスザルに噛み付く」
のだそうです

だから、傷だらけのメスザルは
“モテている証拠”

メスザルは、人間界と同じく
群れの中での新人 (新猿?) さんが1番モテるらしく
お局クラスの古いメスザルになると
相手にされなくなるらしい (笑)

お局クラスのメスザルがモテる方法は、ただ一つ!

「余所の群れに行く」

それしかないそうです…

ちょっと悲しいお話しでしたね


もちろん、オスザルにも
モテるサルとモテないサルがいるらしく
ガイドさんの説明を聞いている数分間の間に
次から次へとメスザルに襲い掛かっていた
B郡の№5!
こいつは群れでもダントツにモテないらしい (笑)

群れの中では5番目に偉いのに
見ていてかわいそうなくらい
嫌われ、フラれ続けていた№5…

メスザルと違って
明確な理由がないのにモテない、相手にされない…

性格が悪いのか?

係員さん曰く
「ちょっとボヤ~っとした顔していますからねぇ」
って…

やっぱり見た目が悪いの? (笑)

これも、ちょっと悲しいお話しでした


オスザルの序列ってのは
とってもはっきりしていて

餌場に下りてくることができるのは
子ザルとメスザル
そして “上位のオスザル” だけで
一般のオスザルはずっと山の中で生活しているそうです

この上位のオスザルたちも
自分より格上のオスザルの前では
絶対に餌を食べない!
食べられない? 食べてはいけない?

格下のオスザルが食べようとしたら
格上のオスザルから攻撃されるんですって!

人間界よりも厳しいですよね!

係員さんたちは
2匹のオスザルの前に餌を置き
どっちが食べるか? を試して
これを繰り返し、オスザルたちの順位を確認していくそうです

さて、みなさんのチームの男性陣…
“ボスザル” “ボスイルカ” “ボスらっこ” “ボスドラゴン”
その他諸々のボスよりも先に
食事に箸をつけたりしている サル 人、いませんか? (笑)



しぐさや行動が人間にそっくりで
子ザルたちの遊んでいる姿や
お母さんザルに甘えている姿なんか
とっても可愛くて

サル1

いつまで見ていても、ちっとも飽きない
“おサルさんたち” でしたが

「うみたまごで、イルカさんやらっこさんが私たちを待っている!」

ってことで
不細工な№5の恋の成就と
お局メスザルの幸せを願いながら
オリーブご一行様は
高崎山を後にしましたとさ♪


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。