スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

九州小学生ですね

ちょっと前の話しですが…

九州小学生の福岡市大会

雨天による順延の挙句
予備日も、また雨…

結局福岡市の代表は
抽選で決定しました

予備日の予備日はないのが当たり前だそうで
それについては 「しょうがない」 と思ったけれど
抽選による代表決定…
とうぜん悲喜こもごもがあったようですね

爺チームは抽選に当たっていたんだけど
それを喜ぶ爺に対して
「勝ち上がったわけじゃなく、抽選で当たった “県大会” なんて」
「力があるチームならまだしも…」
「予選を勝ち上がる力がないのに…」

「嬉しいの?」

この後、さらに
「県大会に出場する力がないんだから…」
「力があるチームのみなさんにも申し訳ないんだから…」
「恥ずかしいから…」

「県大会出場を辞退しろ!」

と、暴言まで吐いたんですが
(心の広い爺は、笑っていましたけれど)

「辞退しろ」 は、あんまりかもしれないけれど
勝ち上がって手にしてこそ価値のある
「県大会出場権」
それを、抽選で当たったくせに
“県大会出場します” って
自慢するのって、バカじゃないの?
恥ずかしくないの?

実際に
「県大会出場♪」
って手放しで喜んでいた
私の個人的に大キライな人のブログを見たりもしてたので
(キライなら見なけりゃいいんだけど 笑)

ばっかじゃないの?

ってのは、本当にその時の私の本音でした
ずっと、そう思っていました



先日、ある方にその話しをしたところ

自慢するしないはともかく
たとえ勝ち上がって得た権利ではなくても
出場できるのであれば
どのチームだって嬉しいやろ?
「力がないので遠慮します」
なんて断るチームは、ないよ
どこだって、出たいと思う…と思う

というお返事でしたので

そういうものなのかな?
と、ちょっと考えを改めていましたが…



九州小学生の福岡県大会

爺チームの結果は、初戦は突破したものの
2回戦敗退だったんですが
抽選で選ばれた福岡市の代表は
2チームが福岡県の代表として
九州小学生への出場権を獲得しました

話しはかわりますが
西日本小学生でも
推薦出場?のチームが、見事3位に入賞しました

抽選に限らず、試合だって “運” は必要!
でも、 “運” だけでは勝てない!

どんなチャンスを得ても
チャンスをどう活かすか?
どうとらえて、どう考えて、どういう姿勢で臨むのか?

そこで大きな差が出るんだし
それが大事なんですね

予選を勝ち上がったのではなく

抽選であれ、推薦であれ
試合に勝って得た権利ではないからこその
“プレッシャー” が
代表に選ばれたチームにはあって
(あるチームを除いては)

「出る以上は、恥ずかしくない試合をしよう!」 

プレッシャーに負けないその気持ちが
西日本小学生3位
そして九州小学生出場につながったんでしょうか?

もちろん、西日本小学生優勝の香椎下原さんも素晴らしいです!




いよいよ、明日から宮崎県で九州小学生が開催されます

福岡県の代表チームのみなさま
そして
プレッシャーをはねのけ
福岡県の代表権を勝ち取られた
福岡市の2チームのみなさまの
ご健闘をお祈りしています




応援ありがとうございます!
みなさまの1クリックに感謝いたします☆



九州小学生期間中の、宮崎県の晴天を願っております!


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。