スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「親ががんばる」 意味

「あそこのチームに入部したらいいよ!」
「あのチームの監督さんは、親が来てたら子どもを (試合に) 使ってくれるから」


息子が中学へ進む際
そんな助言をいただいたことがありましたが…


そのセリフを聞いた私の感想は

とんでもない!


八田リトルペガサス時代
スコアラーとして公式戦には
一試合も欠かすことなく同行していました

だって、一人っ子だったし
自分が楽しかったから

ただし、監督には
「私が (いつも) 来ているから…」
「そんな理由で、息子を起用するようなことは」
「絶対にしないでください!」
最初に、そうお願いしていました

息子は、息子本人が評価されるべきで
力が足りない、努力が足りない
そうであれば、試合に使ってもらえなくて当然

人情として、練習試合や影響のない試合で
いつも来ている親の子どもを起用しようという監督さんの気持ちは
有り難いけれど…

本人のためにならない!

そう考えていました

私の気持ち・考えは、理解してもらっている
そう思えたから、安心して毎回試合に行けたし
息子が試合に出る時は
それだけの評価を得たからだと
素直に喜ぶことができました


それが
「親が出てくれば…」
なんておっしゃる監督さんに預けたら
私は、怖くて怖くて
もう、試合に行くことなんか出来なくなる!

せっかく勧めてくださったけれど
そのチームは
選択肢からはずさせていただきました



力は不足していても
一生懸命努力をしている選手は
指導者が見れば、わかります

力が不足しているけれど
その選手の努力や姿勢を見て
「何とかチャンスを与えたい!」
そう思って起用するのは、全然構わないと思います

結果がでなければ
本人は、また一層努力をするでしょう

あるいは、そのチャンスで結果が出せて
その選手がぐんと伸びる可能性もある


けれど、親のかかわり具合なんて
何も評価するべきことではないと思うんですよね

「僕は、親とは野球をしませんから!」

Y監督は、そう きっぱりとおっしゃった から
私は安心して息子を預けることができたし
チームにかかわることができました

中学時代、息子の起用に関して
「親が…」
と言われたこともあったけれど
Y監督を信頼していたからこそ
私は、胸を張って
「たとえ結果がでなくても、息子の評価は息子本人の努力が得たもの」
と思うことができました

自分 (親) が、がんばってるから
子どもが試合に出してもらえる

そんなこと、望んでいますか?

それって、嬉しいですか?

本人のためになると思いますか?


「みんながみんな、お前みたいな考えじゃない!」
よくそんな風に言われましたけれどね (笑)

実際に、冒頭のような言葉をかけらけたってことは
それで喜ぶ
喜んで入部すると思われたんだろうし

言ったご本人さんも
それを望む方だったのでしょうし

それを望んで
がんばられてきたのでしょう! (笑)

もちろん
考え方は人様々ですけれど…





親のがんばりに報いることが出来るのは
子ども本人だけだと思っています

それだって、親のためにがんばるんじゃない

子ども本人が、自分自身のためにがんばることが
結果として
親のがんばりに報いることになるんじゃないかな?


私は、今でもそう思っています





応援ありがとうございます!
みなさまの1クリックに感謝いたします☆



これはあくまで、私の個人的な考え・疑問です 

1011:

オリーブさんの言うとおりだと思います。
でもいます確かに(笑)
親が一生付きっ切りで面倒見れるわけじゃ
ないですからね。
子どものためにならないし、そんな子は
ずっと親離れできないままですね。

2011.01.17 17:41 ヤマサキコーチ@みなにゅう #FBS4NHfE URL[EDIT]
1012:親は...

親で...
できる事を...
できる時に...
やれば...いいのでは...ないでしょうか...
『親バカ』は...
いいけれど...
『バカ親』は...
いけません...
子供達は...
その親の背中を...見て...
成長していくものです...
昨日...
一生懸命...
頑張っている...
お父さん達...
お母さん達が...いました...
子供達は...
あの背中を...
目に...
焼きつけて...くれただろうか...
そして...
何かを...
感じとって...
くれただろうか...
素晴らしい...
お父さん達...
お母さん達...
あんな人達が...いるから...
チームは...
成り立っている...
私も...
頑張らなきゃ...

2011.01.17 19:23 ウォーリー #- URL[EDIT]
1013:おっしゃる通り!

私は何よりも依怙贔屓が許せないから…(笑)

親が息子のことをアピールしてる光景を目にすることもありました。

親ががんばるから、息子もがんばるしかない!
って状況ならいいんですけどね。
親が息子を支配してたら、何にもならないですよね。

寒い日が続きますね。

体調管理に気をつけて頑張りましょう!

2011.01.18 02:45 クロ #W039pd0w URL[EDIT]
1014:気持ちいい!!

本当にその通りです!!
いつもすぱっと言ってくださって気持ちいいです。
私も浜省監督がそんな監督だったら
いれてないです。
本人のがんばりや甘えを見逃さない監督だからこそ
任せられました。

ただ・・・あまり(ほとんど)来ない親が
「うちの子が試合に出られないのは親が来ないから」と言ってるのを聞いたことがあります。
「違うのにな~・・・見に来て見ればどうして出られないかがわかるのにな~」って思ってましたが。
なかなか気が小さくて言えず(笑)

ま,私は自分の息子よりもチームの勝利を優先するんで(爆)

2011.01.18 07:50 はやピーママ@高木 #- URL[EDIT]
1015:監督の立場から?

神様というのは『不公平』なもので?
子ども達に『何故?』この様に【差】を付けるのだろうか?
親のDNAを貰っているとはいえ?…ソフトの上手い子はサッカーやバスケをさせても多分上手い!だろうと思います。
では?努力をすれば、上手くなる?のだろうか?
結果は…?誰かが言った言葉で…
 【努力をしたから成功するとは限らない】ただ【成功した人は皆努力している】
只言えるのは、私は思います。
 努力した子は『努力する事』『頑張る事』『あきらめない事』という【宝物】を見つけた事を…

試合は『非常なもの』で【勝つため】に監督は数少ない、層の薄い中から『上から9人』選びます。
選び方は?監督によって違うでしょうが?
全ての監督は【上級生から】スタメンに入って欲しい…思う気持ちは、一緒だと思います。

次に親の『気持ち』『努力』です。
小、中学のクラブチームは親の協力無しでは成り立ちません、どの監督も『感謝』しているはずです。
「監督の言う事は良く聞くが?親の言う事は聞かない」と聞きますが、とんでもない!それは『親に甘えている』だけですヨ?
例えは『失礼ですけど』集団で子育てをする、ペンギン、ウミネコ、等、アノ数多い中から、なき声なのか?臭いなのか?…
面白い話を二つ?
ベンチはサード側、ランナー2塁、ヒットを打ちました、監督、コーチャーはサードを回った時点で『ストップ』親は興奮して『回れ回れ』バックホームで見事アウト!
同じくベンチはサード側、ノーアウト三塁、何かを感じた経験豊富な親が「コーチャーの支持だけ聞け、後は何も聞くな」と…バッター三進振り逃げの場面、バッター走ろうとしない『さあ大変』ベンチの親たち「走れ走れ」の大声援、その時『サードの親』が「何しょっとか走らんか~」……サードの子キャチがボールを持っている所へ【スルスルと走り】アウト……?凄いでしょ…笑い話にもナラン。

最後に【親が来ている子】を出す?私も出します?
勿論!点差が勝ち負け関係なく開いている場合?
その子の実力を知ってもらう、家に帰って【親子の会話】をしてもらう為です。それと、試合における【感激】と【悔しさ】を共有して欲しいからです。

長くなったが、最後の最後
 オリーブさん『貴女はあなた自身のために……ですか?』
 『人はバンのみ生きる……』
選手たちは、『自分自身の為』だけ?で頑張っているのではない【親の為】【チームのため】【ひょっとしたら監督の為】に頑張っている…のでは…
人は『己だけの為に』生きるより【誰かの為】己の努力が【誰かの為】大きく言えば【社会の為】少しでも役に立っていれば【遣り甲斐】が有るのでは?
くどいようですが?
【一銭がともならん…】忙しいリーグのお世話【誰かの為に】【誰かが喜んでくれる】監督も同じです。
【一銭がともナラン…】と思った時?
 リーグの御世話を止める時だし、監督を辞めるとき、だと思います…が…?

「そんな事分かっている」と言う声が聞こえてきますが、年寄りの【意地悪】と思って聞いてください

2011.01.18 14:05 イルカ #- URL[EDIT]
1016:そう思う・・・

あたしもまったくそう思う!!

でも、「親が来てると出してもらえる」って思ってる親もいるのは確か。

うちは監督がお店してたりするから、言われたことがある・・・「やっぱり試合に出してもらいたかったらお店に顔を出したほうが良いんですかね・・」って!!

「全く関係ない!!!!」

その親に、言いましたよ。
「そんなチームじゃ強くなるわけないし、監督がそんな考えのとこに子供は入部させない!!

そんななら、うちの子絶対レギュラーになれてんじゃん!!」って(^^;


監督は本当によく子供たちを見てくれてる。
日頃の頑張りを一番分かってくれてるのは監督・コーチですものね。

オリーブさん・・・挨拶遅くなりました。
「今年も宜しくお願いします」



2011.01.18 14:17 たかまま #- URL[EDIT]
1017:コメント、ありがとうございます!

★ヤマサキコーチさま

いつになく真面目なコメントなものですから
「ヤマサキコーチの偽者、登場?」
かと思いましたが…
どうやらご本人さまのようですね (笑)
いやいや、このような方は
ずっと一生つきっきりで
子どもの面倒を見るのかもしれませんよ。
実際に、この助言をいただいた方は
ご子息が成人され、社会人となり
結婚して家庭を持ち、子どもが生まれた現在でも
お金も手も口も出してあるようですから (笑)




★ウォーリーさま

「出来る時に出来ることを」
けれども、その目的は
“チームのため” でなく “我が子のためだけ”
そんな気持ちの親の背中を見て
子どもは、何を目に焼き付けるのか…
子どもは、何を感じるのか…
疑問に思ったものですから。




★クロさま

「依怙贔屓」 久しぶりに聞いたような… (笑)
色んな方がいますからね。
保護者にも、指導者にも! (爆)
はい、毎日寒過ぎです。
暖かくなったら 「女子会」 する予定ですから
クロ妻さんによろしくお伝えくださいね♪




★はやピーママさま

えっ? 「すぱっと」 言ってますか?
オブラートに包んで
優しく優し~く書いたつもりでしたが (笑)
「親が行かないと、試合に出してもらえない神話」
やっぱり、どこにでもありますよね。
そんな風にとらえても
何にも良いこと無いのにね。
>なかなか気が小さくて言えず
気は小さくても、態度はデカイ? (爆)
この冬は本当に寒いけれど、負けずにがんばってね!




★イルカさま

本文よりも長いコメント、ありがとうございます。
貴重な “監督の立場” からのご意見
感謝・感謝でございます。
選手の起用は、ケースバイケース。
監督さんには、場面場面によって
保護者の立場では計り知れない
色んな意図があるのですね。
これから、こっそりと監察をして
お勉強させていただきます (笑)
最後に…
私は 「私自身のため」 に、正確には
「『〇〇のためにこうしたい!』 と思う私自身のため」
「『〇〇に喜んで欲しい!』 と思う私自身のため」 に
一銭がともならんことをしています。
(わかりにくい言い回しですが…)
だから、息子にも同じように
「『お母さんを喜ばせたい!』 と思う息子自身のため」 に
私にプレゼントの一つでも買って欲しいと思っています (笑)
まだまだ 【年寄り】 でもなければ
全然 【意地悪】 でもないですから
気が向かれましたら、またコメントをお願いします!




★たかままさま

不謹慎かもしれませんが… 思わず笑っちゃいました!
そんなバカな話しがあるかいっ?
ウチの息子が〇道の選手だったら…
間違いなく、卒部まで出番ナシですよ (笑)
「協力的な親の子どもは、出来るだけ起用したい」
顔は鬼のようでも (いや、誰のことって訳じゃありませんよ)
監督さんたちも人間ですから
そんな気持ちは絶対無いはず、とは言い切れませんが
「親の協力」 って…
試合に行くことだけじゃないし
まして、監督のお店に行くことじゃあないよね。
“バカ親” になっちゃうと
それすらも、わからなくなっちゃうのかな。
そうそう!
こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね♪

2011.01.19 16:22 オリーブ #DjvZa1V. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。