スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

雑言… ですかね?

前回の記事…


大前提として

一塁手が落球をしなければ…
打者走者が最初から一生懸命走っていれば…


発生しなかったはずのジャッジであり、抗議でした


S’ の選手諸君!
落球をした選手だけじゃなく、他の選手も
一番大事なことは、ここだよ!

わざと落球した訳じゃないのは、もちろんわかっている
監督もね

だから、あの場面で

「子供たちは、一生懸命やってるんですよ!」

って言うセリフが口をついたんだと思う

だけど、あのくらいの  フライは
「万が一にも落とさない!」

100球上がれば100球
1,000球上がれば1,000球
10,000球上がれば10,000球
全部確実に捕れるくらいに
これから一生懸命練習をしてください

そして…  凡打しても  一塁までは全力疾走!
これは、基本中の基本だし
「あんなことがある!」
ってことを、目の当たりにしたんだから
これからも決して忘れないでください


どんな経験も
活かすも殺すも “自分次第” です


特に  落球をした君!

“下手くそ” は承知の上 (笑) で
監督は、君を起用しています
そう “今” は、ね…

反省は反省として
監督の期待に応えられるように
あの経験をこれからの練習に活かして
がんばってください





どんなに怒鳴りとばそうが、蹴飛ばそうが、叩こうが…

「帰れ!」 「辞めてしまえ!」 「二度と使わん!」

どんな罵声を浴びせようが…


「子供たちは、一生懸命やってるんですよ!」


監督は、君たちのことをそう信じています





前回の記事は
審判批判や、抗議の是非を問うたわけではなく

Y監督の思いが
S’ のみんなに伝われば… と思っての記事でした


ただ、疲労と睡魔との闘いで記した文でしたし
言葉が足りなかったと思われる部分もあったので
続きを書かせていただきました





それから、最後に…

スタンドから見ている大人が
大きな声で審判さんを批判したり
ジャッジに不平を言ったりするのは

とてもみっともないことですよ

以前、やはり同じような場面で
Y監督が自チームのスタンドに対して
怒鳴ったことがあります

「保護者は黙っていてください!」

抗議権は監督にしかありません

審判さんは、他チームの保護者がほとんど
あなたたちと同じ立場の方たちです

気持ちはわかるけれど…
もめている時こそ
周りの大人には、より冷静になって欲しいですね





応援ありがとうございます!
みなさまの1クリックに感謝いたします☆


どうでもいいっちゃ、どうでもいい話しだったな… (笑)

703:もう忘れちゃった・・・

この件については、選手・保護者とも考えさせられるものでした。

最後まであきらめない、プレイが完了するまで見届ける・・・普段からそういう姿勢でいきましょう!

2010.09.21 22:27 しゅ~しゅ~ #- URL[EDIT]
704:ちなみに

ボーイズリーグの審判マニュアルの最初に、審判員のみなさんへ会長からのメッセージがあります。

文末にはこうあります・・・

「子どもたちは一生懸命野球をやっています。審判員のみなさん、ぜひ子どもたちの熱意に応えてやって下さい。」

2010.09.22 02:07 しゅ~しゅ~ #- URL[EDIT]
705:一生懸命だから...

一生懸命...
やっているから...
一生懸命...
応援する...
一生懸命...
やっているから...
一生懸命...
審判をする...
一生懸命...
やっているから...
ドラマも...
感動も...
うまれる...
一生懸命...
やらなければ...
...
常日頃から...
全力を...
心がける...ことですかね...
「イマンボール」は...
二度と...
来ない...

2010.09.22 05:54 ウォーリー[i:63739] #- URL[EDIT]
706:コメント、ありがとうございます!

★しゅ~しゅ~さま

感じること、思うこと、考えること…
何が事が起こった時に
批判をしたり
ただ何となくやり過ごしたりするだけじゃなく
「この経験を、どう活かすか?」
を大切にして欲しいと思っています。




★ウォーリーさま

「一生懸命」
言葉にするのは簡単ですけどね…
人から言われてやることではないし
いくら本人は 「一生懸命」 やっているつもりでも
一生懸命の内には入らないって思える場合もあるし…
難しいです。

2010.09.22 11:58 オリーブ #DjvZa1V. URL[EDIT]
707:部外者ですが・・・

監督さん、「いい監督さん」なんでしょうね。もちろんどんな方にも「一長一短」はあります。人間同士だから相性もあるし・・ただ、監督さんにとって一番大事なのは「情熱」だと思います。口先だけでは子供は見抜きますから。

あと、審判はやはり緊張しますね。お勧めなのは、4年生以下の育成とか教育の試合の審判です。想像を超えるプレーが続出しますからね(笑)。フライがあがると、こっちまではらはらします(爆)。ジャッジに関しても、上級生や中学ほど周りもシビアでないし。やはり段階を追って、自分も成長することが必要かなと。
ただし、下級生の試合のスコアラーには心の底から同情しますけど(笑)

2010.09.22 13:43 じゅごん #//wnbboM URL[EDIT]
708:コメント、ありがとうございます!

★じゅごんさま

「情熱溢れる“野球バカ”」 ですね、Y監督は。
爺に相通ずる部分もあります!
余談ですが、お二人は結構気が合います (笑)

審判さん、大変だと思いますね。
保護者の中でも、向き不向きがありますし。
この一塁塁審さんは
支部の審判さんだったそうですが… (汗)

2010.09.22 14:09 オリーブ #DjvZa1V. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。