スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

親離れ、子離れ

早いもので、もうすぐ9月…

“独身貴族” も、いよいよ終了?



「オリーブさん、再婚か?」
のうわさを呼んだ “例の件”

寮の退去期限が迫ってきたし
どうするか決めなくっちゃ!


家に帰ってきたいと思っているんだったら
しようがない (笑)
でも…
私に気を遣って、家に帰ってくるんだったら
そんな心配はしなくていいって伝えないといけないし…
だけど…
帰ってきたいと思っているかもしれないのに
「無理して帰ってこんでいいよ」 って言われたら
ショックかもしれないし…

息子にしても、同じようなことを考えていたんだろうけれど


お互いに本音を明かさないままに “腹の探り合い” の末 
息子が出した結論は… 

「出来れば、一人暮らしを続けたい」




諸般の事情で母子家庭となり
会社勤めを始めたものの、食べていくことが精一杯

子育てでは、高い志があったわけではないけれど
自分の中で決めていたこと
「子供にかかるお金はケチらない」
「やりたいと思うことは、やらせる」


ソフトボールや硬式野球をやらせることはもちろん
それぞれの活動でかかるお金に関して
“もったいない” なんて思ったこともなかった
高校の選択でも、
大学受験の際の浪人、予備校の選択でも
決して費用を重視したわけではなかった

全て 「本人が望むなら」


だだ一度だけ…  2回目の大学受験を除いては…


Q大がダメだったら、関西の私大に行きたいという息子
4年間の経費で考えると、倍、いやそれ以上の違いがある

「後期はK大学かS大学 (合格確立は高いけれどレベルがちょっと下の国立大学) じゃあ、ダメなの?」
「そしたら、私大の入学金30万円を払わんでいいし…」
「4年間でかかるお金が倍以上違うけん」

あくまでも “Q大は不合格” を前提として (笑)
この時だけは、思わず本音を言ってしまったけれど

「考えてみる」

あまり自己主張のない息子の、この時の答え…
それで良ければ 「いいよ」 と即答しているはず

「子供にかかるお金はケチらない」
経済的な理由で進学、特に大学進学を諦めるなんて
そんなことは絶対にさせない!
そう思ってがんばってきたのに…
何で今になって弱気になっているんだ! と猛反省しました

「後期もQ大でいいよ。落ちたら関西に行けばいい」
「入学金は、もう振り込んだけん」

私の言葉に、息子は  「いいと?」

この時の息子の嬉しそうな顔、忘れられません

やっぱり、K大やS大はイヤだったんだ!
だけど、経済的なことを考えて、悩んだんだろうな?

私大の入学金30万円は捨てたも同然だし
結果的には “余計な心配” となりましたが (笑)



話がそれちゃいましたね



「子供にかかるお金はケチらない」
「やりたいと思うことは、やらせる」


これと同時に、息子が成長するにつれ
私の中での大きな課題となったのは


「子離れ」


大学入学を機に始めた一人暮らし
学費、家賃、水道光熱費は支払っているけれど
その他は一切援助なし
(2・3回 「お金がない…」 って言ってきたかな?)
とりあえず、アルバイト代でがんばって生活している息子
食事も自炊して食費を切り詰めているから
家を出て1カ月くらいでげっそり痩せてたけれど
せっかく一人で生活する力がついてるんだから、と
あえて手出しも口出しもしないでいます

今、家に帰ってきたら
食事、掃除、洗濯などの生活の心配はなくなり
アルバイト代も、全てお小遣い
せっかくの1年半の経験が、無駄になるかもしれない…


学生の間はもちろん、就職しても
ともすれば家庭を持っても
親の援助を受けている人って、結構いるんですよね?

「自分で自分の口を養う」
「自分で自分の尻を拭える」


自立した社会人に育てることが最終目標で
いつまでも親が可愛がっていちゃあいけないんだ

親にとっては子供がいつまでも側にいて
あれこれと世話をすることが喜びであるかもしれない
そういう子供は、ある意味 “親孝行” ?

でも、親は子供にそんなこと望んでてはいけない
子供の “親離れ” を邪魔しちゃいれない





子供が “家を出る” にしても
“家に戻る” にしても
タイミングってものがある

今帰ってこなかったら
もしかすると、もうずっと帰ってこないかもしれない…

そんな不安も無きにしも非ず
ではあるけれど…




息子の結論を聞くまでに、色んなことを考えて
それでも
家に帰ってきたいと思っているんだったら
しようがない (笑)

と思っていましたが…




“独身貴族” は続行となりました!
(わざわざ報告することもなかったかな?)



応援ありがとうございます!
みなさまの1クリックに感謝いたします☆


“らっこさんのお誕生会” や “まっぽうしの会” は?
次回以降のお楽しみ! (笑)


594:東区の

千早に格安でいい下宿があるんですが~♪

2010.08.22 21:18 じゅごん #//wnbboM URL[EDIT]
595:お世話は

寮母さんではなくて寮父さんがしますよ。

2010.08.22 21:58 まーめいど #- URL[EDIT]
596:遅かれ...早かれ...

いつか...
子供は...
巣だって...いくのですね...
その時が...
いつ来ても...いいように...
一球入魂で...あり続けたい...
その一球は...
二度と...
来ない...

2010.08.22 23:10 ウォーリー #- URL[EDIT]
598:コメント、ありがとうございます!

★じゅごんさま

千早の格安下宿…
とても魅力的ではあるんですが
あまりにも自宅と近すぎて
洗濯物持って帰ってきそうだし
晩ご飯を食べに帰ってきそうだし…




★まーめいどさま

なんと、ご夫婦揃ってのコメント
ありがとうございます!
寮父さんですか…
魅力的な千早の格安下宿は
上記の理由+信頼できない寮父がいらっしゃる
ということで
ご遠慮いたします。
まーめいどさまの
またのご訪問&コメントをお待ちしていま~す♪



★ウォーリーさま

そう!
「いつ離れていっても大丈夫! 悔いなし!」
そう思えるくらい、べったりでしたから。
一人で生きていくって
大変なのか、簡単なのか…
友人、知人、地域や社会とのかかわりを大切にできる
でも、一人でもちゃんと生きていける人間になってくれれば
と、願っています。

2010.08.23 14:10 オリーブ #DjvZa1V. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。