FC2ブログ

2011年06月08日 の記事一覧

お弁当 オリーブ編

昨日、じゅごんさんのブログ 「お弁当」 

で、また感動的な動画がアップされていましたので
ちょっと私もマネして
“お弁当” の思い出なんぞ…

そうそう!
この記事、前半はあまりお弁当とは関係なく
中盤に出てくる画像にいたっては
びっくりなさる方もいらっしゃるかもしれませんので
心してお読みください (笑)



保育園は “主食のみ持参”
小学校から中学校までは、給食
おかげさまで
「遠足」 「運動会」 「○○見学」 「××大会」
などというイベント以外は
ほとんどお弁当を作ることはなかったけれど

早起きが苦手なダメ母は
朝のお弁当作りは
たとえ年に数回でも、もう苦痛で苦痛で…

しかも、このイベント各種には
それぞれ “予備日” なるものが設定されており
イベント1回につきお弁当作り2回という
理不尽なシステムだったため

その理不尽なシステムに対する不平不満を
ことある毎に、口にしていたものだから

息子は、小学校高学年になると
実に悲しそうな顔をして

「お母さん…  “残念” なお知らせ…」

と、イベント開催 (お弁当が必要な事態の発生) の報告を
するようになってしまいました (笑)

私はその度に、露骨に嫌な顔をして

「えっ? また何かあると?」

こう聞き返していたわけですから
今となって思えば、息子もさぞかし辛かったことでしょう…


無事に高校生となり
いよいよ本格的な “お弁当作り” が開始!

「1年生の間は、学食を使えないらしいよ?」
「売店で食べ物を買ったりできないんじゃない?」

少なくとも1年間は
お弁当を持っていかないと、昼食にありつけない (らしい)
とのウワサを耳にしたりだったので
意を決して、お弁当作りに取り組みましたが

半年後…

「お弁当じゃなくてもいいよ」

フツーに学食を利用できるらしい
メニューも豊富で、安くて
しかも、とっても美味しいらしい!

お弁当よりも、美味しいらしい! (笑)


ということで、高校の3年間も
イベント以外ではほとんどお弁当とは無縁でした



最後にお弁当を作ったのは
大学入試の時かな?

その時は
「これが最後のお弁当」
だなんて思ってもいなかっただろうから
特別な思い入れも何もなかったんだろうけれど
(いや、最後じゃないかもしれないけれど)


あの動画を見て “損した” というか…
「一生懸命やらなかったから得ることが出来なかった喜び」
に気づいてしまって
少~しだけ、後悔しちっゃたな







「食育」 の大切さが叫ばれていますが
“食事” って
親子、夫婦、家族
そして人と人とをつなぐ、大切な要素なんですね

私が、息子との食事 (お弁当に限らず) で
一番大切にしていたことは
「何を食べるか?」 「どこで食べるか?」
ではなく
「何でも良い、どこでも良いけど とにかく一緒に食べる!」
「一緒に楽しく食べる!」
ということだけでしたので

理想的ではなかったかもしれないけれど…


息子との絆、結べてるかな?




応援ありがとうございます!
みなさまの1クリックに感謝いたします☆



息子よ、今度また焼肉でも食べに行こうね♪ 
スポンサーサイト